本文へスキップ

瑞穂CBT相談室

お問い合わせ・ご予約フォーム

ブレインスポッティングを受けて

30代の女性から頂きました。
長年抱えていた心の傷を治し、元気になられました。
ご多忙の中、「お客様の声」に、貴重な感想をお寄せいただき、厚くお礼を申し上げます。

私は幼少期の辛い記憶を手放したいと思い、カウンセリングを受けました。
辛い記憶とは、家族との関係についてです。自分にとって辛い経験だと認めてから持ち続けているので、約20年持ってきたことになります。

年令を重ねて、自分を納得(家族も大変だったのだから等)させていけたと思っていました。
性格の特徴として、自責が強く、突然不安に襲われる事がありました。
自分の生きづらさは自覚があり、AC(註・アダルトチルドレン)の本を読みあさりました。最近では、愛着障害だと自覚したところでした。自覚はありましたが、共存しているつもりでした。

この数か月は、婦人科の治療のため、閉経状態にしています。更年期と同様のことが体に起こってきます。約6か月間の治療ですが、5ヶ月目に入った辺りから、イライラし始め、幼少期の記憶がフラッシュバックの様に甦りました。

同時に家族への怒りが出てきました。フラッシュバックも多くなり、過去のことしか考えられなくなり、泣く時間が増えてきました。 「これは更年期にしている副作用だから、治療の間だけだ。あと、ひと月の治療が終わるまでの辛抱だ」と耐える日々でした。

しかし、家族の顔を見ただけで、頭は冷静なのに、自分の別の所で怒りが抑えられないという状況になり、カウンセリングを受けることを決意しました。
過去の辛い記憶に対し、「自分が怒りを抱えている」ことも分かってきました。

約20年間、辛い記憶と一緒に怒りに満ちた状態でした。
怒りは身体に悪いと考え、一刻も早く怒りの感情を手放したいと思いました。
タイムマシンに乗って過去を変えたい、そのことばかり考えるようになりました。
あの言葉を取り消してほしい。

この状態が続きましたので、辛い記憶をトラウマととらえ、向き合うことにしました。辛い記憶を自分にとって無毒化して、反応しないようになりたかった、悲しみも怒りも手放したかったのです。

治療法は、先生と相談して、「USPTかブレインスポッティング(BSP)をしてみましょう」ということになりました。
私には、ブレインスポッティングが合っており、BSPを受けることになりました。

カウンセリングを受けたのは、全5回ですが、じっくり受けたのは2回目以降の3回分です。
初回はテスト(註・トラウマ・心の傷の症状の程度を調べるための心理検査)を受けたため短時間でBSPをうけました。
脳内で自分の過去の姿を探し始めて間もなく、涙があふれてきました。

感情は平坦なままです。
例えるなら、自分の分身が涙を流していて、それを後ろから、「泣いているな」と思いながら見ている。
涙が流れるから、その記憶は自分にとって辛いものなのだと発見するという作業でした。

涙を流すととてもすっきりしました。
同時に自分の奥深い感情を浮き上がらせてしまったようで、感情的になっていきました。
次のBSPまで1週間の間、フラッシュバック、親への怒りの感情が増して行きました。

先生にリラックス法を聞いていたので、リラクセーションをしたり、呼吸を繰り返し、落ち着かせていました。
現在家族とは別に住んでいますが、声を聴くだけでも動揺するようになった為、事情を話し、連絡を絶ちました。

二回目、脳内で自分の昔の姿を探しに行きました。その時は、怒りの感情が強かった為、「怒っている過去の自分」を探しに行きました。 見つからず代わりに「悲しんでいる自分」を見つけました。

三回目も脳内で「悲しんでいる自分」を見つけに行きました。
フラッシュバックしてくる言葉について、言われた時の自分の感情が思い出されました。「私はそんなつもりはなかったのに。」でした。

この時は嗚咽しながら泣いていました。
カウンセリング終了後に、これが自責の引き金になったと気づきました。

「私は無意識に相手に迷惑をかけてしまうのではないか?」
「私が悪いのではないか?」
このような思考に結びついて行ったのだと思います。
中々自責の念から抜けられない私には、大きな発見でした。

四回目、過去の自分を探している時、ふと過去の家族の行動、言動について、「今の私だったら、こう考え,こう行動する」という提案が出てきました。

又、辛い記憶を多角的に捕えること、自分の主観の感情だけを見るのではなく、自分の辛くなる出来事がなぜ起こったか?

背景を考えるようになりました。そうすると、「あの時は仕方なかった」
と思うことが多くなりました。過去に対して、仕方なかったと諦めて受け入れることも出来るようになりました。

段々と「辛い記憶にいる私」、「今の私」は別だとはっきり感じられるようになりました。
幼少期で無力だった自分ではなく、今は無力ではない大人だと、自分自身を助けられると思いました。

このような過程を経て、次に家族に自分の気持ちを伝えたくなりました。
文章も出来ました。
「あなた達の子育ては失敗だった。子どもが今も苦しんでるから。
だけど、過去は変えられない。この先はお互い楽しく生きて行きましょう。」

「あなた達〜苦しんでいるから。」までは親に言いたかった言葉、
「過去は〜」は自分自身に言い聞かせている言葉です。

四回目を終えた翌日、実家に帰る用事があり、三週間ぶりに家族に会い、声を聞きました。
何の感情も起こることなく、穏やかに過ごせました。三週間前は、怒りがあふれてきたのですが。

その後丸一日一緒にいましたが、穏やかに過ごせました。
父親と話す機会があり、自分の現状、思いを話しました。文章も伝えました。

父親も受容的であった為、冷静に話すことが出来ました。
話し終えた後は、満足感があったと思います。
その後は、フラッシュバックもなく、穏やかに過ごし、五回目のBSPも受けました。

BSPを始めましたが、何も浮かばず、自分から「おわりー」と思ったのです。
先生にも伝えました。

一週間前の四回目のBSPの時に、鮮明に思い出された幾つかの辛い記憶がはっきりと思い出せません。
フラッシュバックも落ち込むこともありません。
そんなに変わるのか!

20年もはっきりと覚えていたのに、こんなに早く解放されるの!
と拍子抜けしてしまいました。

終わり

この記事についての無断転載を固くお断りいたします。

  瑞穂CBT相談室

〒467-0822
名古屋市瑞穂区大喜町6‐23‐1

連絡 080・1558・7430
Eメール  こちら  


相談時間  月、火、木、金、土、日
     10:00〜20:00

お休み 水曜日、 年末年始

ご予約は、電話か、お問い合わせご予約フォームでお願いします。